企業方針

Business Policy

CORPORATE PHILOSOPHY企業理念

ロマン

日本食文化の豊かさを
世界の人々に提供する。
日本農業の持続的発展に貢献する。

ビジョン

  • 2016-2020年 第1期 5年ビジョン
    事業展開 5ヵ国 / 売上高 20億円
  • 2021-2025年 第2期 5年ビジョン
    事業展開 10ヵ国 / 売上高 40億円

「ロマン」を原点に、「ビジョン」の実現をめざし続けます。

九州農水産物直販は、「日本食文化の豊かさを世界の人々に提供する。日本農業の持続的発展に貢献する」というロマン(志)を社員一人ひとりが企業行動の原点として共有しています。
そして、社員の力を結集して中長期ビジョンの実現に全力を尽くすことを企業活動の指針と位置付けています。
ロマンを原点に、ビジョンを実現していくことで、九州農水産物直販は株主をはじめとした取引先、生産者の皆様とともに喜びを分かち合い、企業の社会的責任を果たしていきたいと考えています。

FUTURE PROSPECTS今後の展望

三つの拡大を目指しています
輸出量の拡大
  • 海上輸送リーファーコンテナー週3~4便、航空便週2便体制へ移行
  • 現在の15店舗展開から30店舗展開へ拡大(フェア開催時は50店舗へと)
取扱品目、
事業参加者の拡大
  • 現在の青果物(野菜&果物)や畜産物(一部)中心の取引に加え今後水産物や関連加工品等取引品目を順次拡大
  • 「九州の食」を中心に海外展開のプラットフォームを構築九州農業・食品関係者の海外進出のきっかけづくり
  • 産地リレーなど九州以外の生産者や事業者の方々への海外販売のプロデュース
輸出地域の拡大
  • 香港、シンガポール、台湾向け事業展開に加え中国本土向けの販売を本格化